ギャンブルとは

なぜ、パチンコ等は賭博の罪にならないの?遊戯との違いを詳しく解説

ギャンブルとは

どもmihokoです。こんにちは

あなたは「ギャンブル好きですか」という質問をいちばん初めにさせて頂きました。

 

その前に。

あなたは ギャンブルって言ったらなにを思い浮かべますか?

パチンコ、スロット、競馬、麻雀など。

身近にあって思い浮かぶのってこれくらいですか?

ギャンブルとは

金銭や品物などの財物を賭けて、偶然性の要素が含まれる勝負を行う。

その勝負の結果によって賭けた財物のやりとりを行う行為の総称。

(ウィキペディアより抜粋)

・・・???

簡単に言うとお金を出して、お金を得る行為の事です。

 

ただしこの説明では正しくありません。

これでは「賭博」とされ、違法だからです。

日本において賭博は刑法によって禁止されています。

じゃあ、刑法で禁止されているなら、パチンコやスロットって違法じゃないの?

みんなの知ってるギャンブルって、罪にならないの??

確認してみましょう。

スポンサーリンク





 

遊戯と賭博の違い

 

遊戯

パチンコやスロット、競馬、競輪、競艇、スポーツくじ、宝くじ、これらはあくまで「遊戯」であり、「ギャンブル的な要素を持つ娯楽」とされている為、違法ではありません。

 

賭博

その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方はなんらかの取り決めに基づいて、財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称です。

賭博の禁止に関わる法律

1.刑法(犯罪と刑罰の内容を定め、国の刑罰権が発生する条件を明らかにするもの)

・第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。また、賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

2.風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)

・風営法23条1号 パチンコ店は現金を賞品として提供することが禁じられています。

→現金の提供を認めると、『賭博』に該当してしまいます。

・同法23条1項2号 パチンコ店が客に提供した賞品(景品)を買い取ることも禁じられています。

→買い取り行為は、実質的に現金を提供しているのと同じだからです。

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]ギャンブル的な要素を持つ娯楽??賭博にはあたらない??[/voice]

まだよくわかんない;;

娯楽・遊戯だからパチ・スロは違法ではない

 

遊戯だからパチ・スロは違法ではない。

なぜなら、

『3店方式』といって、パチンコ屋は仲介業者を介しお金を換金するため、直接お金の換金行為をしていない(刑法185.186条にあたらない)から賭博にはならない

というのがその理由です。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]3点方式??[/voice]

3店 ですよ、mihokoさん

[aside type=”normal”] 3店方式とは

まず、パチンコ屋で遊戯をした客は、出玉を『特殊景品』と交換します。

次に、客はパチンコ屋とは関係のない交換所に売り、現金を得ます

そして、交換所は、客から買い取った『特殊景品』を景品問屋に売ります

最終的に景品問屋は、その特殊景品をパチンコ店に売ります

このように『特殊景品』をやりとりし、パチンコ屋が直接客に現金を提供しないようにしたシステムを『三店方式』と呼びます。[/aside]

・交換所→景品問屋→パチンコ屋→客→交換所→景品問屋→パチンコ屋→客→・・・ぐるぐる

この仕組みを使えば、パチンコ・スロットはあくまで遊戯。

賭博ではないため、商売として、営業ができるのです。

他にも、賭博ではなく、遊戯とされている公営のギャンブルがあります。

公営ギャンブル

競馬・競輪・競艇、宝くじ、スポーツくじ

これらはそれぞれ、特別法が定められていて、刑法185.186条の対象外となっているのです。

それでは、以下の場合はどうでしょう?

  • 賭け麻雀
  • 野球賭博

これは

  • 偶然の勝敗にあたるゲームでの直接の現金の授受行為、賭博をしたもの(185条)
  • 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者(186条)

として刑法に触れるため、犯罪となるのです。

つまり日本は。

刑法で賭博・ギャンブル行為自体を禁止しているくせに、

一部の例外をつくって

一定のギャンブル行為は認めている国なんです。

知ってました?

 

最近では。

東京オリンピックにむけて、いろいろな施設の改修や工事が進んでいます。

築地移転問題。

汚染と液状化により、当初予定地とされていた豊洲への移転が危ぶまれています。(2016/09月時点)

この移転問題に便乗して、オリンピックと同時に観光客を呼び込む、目玉施設として、

カジノをこの土地に作ろう!という構想も検討されています。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]え、カジノも違法ではないの?遊戯なの?[/voice]

 

カジノってなんだか身近にないよね

 

でも。

そういえばカジノって、日本にないですよね?

逆に。海外でパチンコ屋ってないですよね?

じゃあ、海外では ギャンブルと言うと、何を思い浮かべるのか。

もっとも有名なのはやはり、カジノですね。

カジノとは

ルーレット(円盤に玉を入れ、落ちる場所を当てる遊戯)や、ブラックジャック(トランプ)などのゲームで金銭を賭ける場所。世界120国以上で合法のもと行われているギャンブル行為。

国により制限内容は異なる。

ただし、どの都市も繁華街にはなく、生活に影響のない別場所に構え、観光資源として運営されている

(ウィキペディアより抜粋)

そう・・・。

「繁華街にはなく、観光資源としての娯楽」。

ギャンブルって、海外では『観光資源』なんです。

ギャンブルとは本来、身近にあるものではなく、

わざわざ出かけていかなければ行えない遊戯なんです。

 

日本のギャンブル事情がやばい

 

それに対して日本はどうですか?

もうお気づきですね。

公営ギャンブルも商売ギャンブルも、私たちの身近に入り乱れて、あふれかえっています。

日常的にテレビから宝くじやパチンコ屋のCMが流れ、駅前にはパチ屋が密集。

ゲームセンターに行けば、払い下げられたパチ・スロ台がおいてある。

最近では

おじいちゃん、おばあちゃんの年金を食い物にし、

就学前の子供のメダル遊戯の台としておいてある、

それが日本におけるギャンブルと私たちの距離です。

刑法で禁じるほど危険な行為がこんなに身近にあふれているのです。

 

これでは。

あなたが依存症になって、あたりまえ。

甘いものたくさん食べさせておいて、虫歯になるな、という方が無茶苦茶なんです。

それほどギャンブルは身近に、私たちの生活に入り込んでいるんです。

薬物依存も、アルコール依存も、買い物依存も同じ理由

[aside type=”warning”]『手に入る環境があるから依存症になる』[/aside]

本当にシンプルな事ですよね。

 

これで豊洲に観光資源としてカジノなんてオープンした日には・・・

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]オープンと同時に行っちゃう![/voice]

ダメダメ、buchako (汗;;)

 

 

ギャンブルを禁止した国と身近にあり続ける日本

 

そのシンプルな事に気づいた韓国では、2006年秋、

法律により国が全面的にメダルチギと呼ばれるパチンコに似た娯楽を廃止。

[aside type=”normal”] メダルチギは日本の海物語をアレンジした台。また、廃止したとはいえ、実際は非合法で現在も運営されているそうです。

しかし、表舞台から消えただけでもすごい事ですね![/aside]

まとめ

現在。

我が国ではパチ・スロなどを含めた依存症が多い証拠に、法改正を行い始めています。

依存症は個人借金が多く多重債務 になりやすいという問題についてです。

2011年には総量規制制度がスタートし、国民が借金を重ねないような仕組みをつくりました。

ただし。

対処療法であって、根本的な改善(ギャンブルをなくし、依存症患者を増やさない)という根本的な解決には至っていません。

また、私のように病気に気づき、パチ・スロを離れる人口と初めからギャンブルをやらない人口も増えてきており、

実際に、徐々にではありますがパチンコ屋の数は減ってきています。

[aside type=”normal”] 全日遊連加盟店1万77店舗〜前月比15店減2016年9月17日(土)

全日遊連の報告した加盟店ホール数

[/aside]
ただし、減少しているのはパチンコ屋の数。やめられない人はやっぱりやめられないのです。

この

存症者をねらうパチ・スロ業界は、単位を安い5円スロット・1円パチンコとして、形をかえ、生き残りを図っています。

さらに観光資源獲得とはいえ、カジノまで営業が始まろうとしています。。

日本は依存症患者がさらに増える事が想像できます。

[aside type=”warning”](残念ながらカジノ法案には依存症についてはまったく対策が盛り込まれていません)[/aside]

こうなったら国がなんとかしてくれるなんて夢は横に置いておいて、

自分から遠ざけるしか手段はなさそうです。

 

そう。

そんな単純な事「身近で簡単に手に入る』というだけで、本当の怖さにきづかぬまま、

 

日本にあふれるパチ・スロで、私は簡単に依存症になりました

依存症ってほんと、簡単に誰でもなるんです。

まず。

私がギャンブル依存症になったきっかけは、仕事のストレスでからでした(パチンコやスロットで人生崩壊 まちがうと危険なストレス発散方法)

一度はまると、ヤバイ

んじゃ、またね。