依存症プロセス

“ビギナーズラック”はなぜヤバイ?パチンコ初心者がはまる罠について

こんな世界があったなんて

どうも、mihokoです。こんにちは。

あなたは「運命の出会い」って信じますか?

出会いを運命と捉えるか、ただ1度きりの偶然と捉えるかで、後々進む人生の方向がかわってきます。

よくも悪くも、です。

今回はなぜ私が「ギャンブルに出会ったのか?」について、お話ししていこうと思います。

ギャンブルにはまる人々が口をそろえていう、

そう。

『あれ』がある日やってきたんです。。

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">



 

パチ屋にいる人々

それはある日やってきました。

20歳、就職活動の帰り道。

リクルートスーツを着たまま当時大学生(22歳)の彼氏とデート。

まだ夜ごはんには時間があるし、夏で暑い。

どこか涼しいところに行こうと、彼氏につれていかれたのがパチ屋でした。

 

そもそも私はパチ屋が嫌いでした。

私の父は、私が生まれる前からギャンブル依存症です。

その父親が、くさいタバコまみれの匂いで帰ってくるのが 子供の頃から大嫌いでした。

父親は負けて帰ってくると、むしゃくしゃして、母親にむかって物を投げたりして荒れるので、

私と兄はあの匂いがすると、父親に見つからないよう部屋に隠れ、逃げていました。

そんなで

パチ屋の匂いだけで、嫌な気持ちになります。

あの日。

パチ屋の入口があいたとたん、その匂いがふわっと漂ってきて、速攻、気分が悪くなりました。

 

パチ屋のイヤなトコロ

 
  • タバコくさい
  • おびただしいランプや台の点滅で目がチカチカする
  • 激しい騒音でうるさい
 

なんて場所だ。想像通りだ。。。

それにしても驚いたのは。

昼間からホールには いい大人が結構な人数いたことです。

 

パチ屋にいる人々

 
  • 仕事途中であろう、スーツ姿の社会人
  • 大学生っぽい若いお兄さん
  • 子供がいるであろうお母さん(おばちゃん)
  • リタイア後のお父さん(おじさん)
  • 孫もいるであろうおじいちゃん、おばあちゃん
なかでも一番ビックリしたのは

若いお姉さんたちがチラホラいたこと。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]え、お姉さんたち、パチンコやるの??[/voice]

絶対、パチ屋なんかにいないと思っていた客層だったので、正直、驚きました。

[aside type=”normal”] ギャンブル依存症の女性が増えている

最近では若い女性やお母さんにも、パチ・スロ依存症になる人が増えています。

mihokoもそのうちの人です。

ギャンブルの中でもパチ屋は何といっても身近にあり、おしゃれで、最近は一見パチ屋とわからないような外観になりました。

また少額の費用で遊ぶこともできます。

そして、依存症となった女性達は『育児放棄』をしたり『借金をして家庭崩壊・離婚』したり、いたましい事件が頻繁に起こっています。
[/aside]
あ、でも。

私もスーツを着て、昼間っからここにいる姉ちゃんか。。。

自分は違う。

たまたまつれられて入っただけだ、と他人事のように思っていました。

このときまでは、ね。

 

ビギナーズラック・一攫千金の快感

 

一刻も早くこんな場所から出ていきたい。

彼にうながされて、彼の隣の台にすわる。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]なにこれ?手をそえてハンドルもってるだけ?[/voice]

それにしても。

1000円でちょっとしか銀玉がでないうえ、あっと言う間にその玉は消えていく。。。

目の前のデジタルが勝手にぐるぐるまわっています。

あっというまに1500円位すいこまれたとき。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]全然おもしろくないわ~お金もすんごい減り早いしつまんない・・。早いけどごはんいきたいなあ・・・。[/voice]

もう帰りたいと思いました。

その時、突然。

台が騒々しくなって、チカチカして、なんだかパカパカしだしました。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]なにこれ?[/voice]

あわてて横の彼氏が「すげえ!もう当たった!やるなあお前!」と大喜びしています。

そして、どんどん溢れ出す銀玉を手際よく箱に流してくれる。

そう。

よくあるビギナーズラック、です。

よくある話。

これが私の人生をかえました。

もし、ここで当たらず、パチンコなんてつまらないものだと思っていられたら、

この依存症にはならなかったかもしれない。

 

だってその後。

玉はず~~っと、ず~~っと出続け、

結果10万円勝ち!

その日の夕飯は彼と豪遊しました。

しかし。

いったい何を食べ何をしたか覚えていない。

その場で瞬間に得たお金。

お金の実感がないままパーっと使ってしまったから当然です。

今でも。

その出来事があまりにショッキングで、20年たったいまでも、初めての山積みの箱は頭から離れません。

ただ。

まだこのときは『嫌いだったパチンコ屋』『思ったほど、嫌な場所じゃない』と、

考え方が訂正された位でした。

でも。

それが 後々の運命を決めます。

この日、『依存症の芽』が生まれたのです。

 

ギャンブル依存症のプロセス

依存症になる人は、高い確率でこの『ビギナーズラック』を体験するといいます。

パチンコやスロット・競馬・競輪・競艇・カジノ・・・・

お金をかけ、お金を得るギャンブルにはある共通した事がいえます。

これは

偶然的中して、大金を手に入れたる→『快感』が脳に強く記憶される

という経験になるのです。

その快感を求め、何度もギャンブルを繰り返し、悪い習慣として脳にも体にもしみこんでいきます

 

よくあるハマルメカニズム

 
  1. 友人・知人・家族など身近な人に誘われて、軽い気持ちで始める
  2. ビギナーズラックで勝ち、大金・快感を得る。または遊技台のランプの点滅で興奮を得る
  3. 行為に依存。習慣になり、勝っても負けても興奮する。
  4. 快感が忘れられず、限界が自分を抑制できなくなる。
 

勝負に負けた時。

普通なら、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]二度とこんなもったいないお金や時間の使い方はしないわ[/voice]

と、自分を制御できます。

でも。

依存に陥っている脳は

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]
次こそ勝つ!今回負けた分、絶対取り返す![/voice]

buchako~もうやめとけよお(泣)

さらに大金をつぎ込みます。

それは。

貯金切り崩す→借金する→毎月の生活費に手をつける→働けなくなって、人から工面して頂いている年金・生活保護費などに手を付ける→盗み・横領・犯罪など他人のものまで奪おうとする・・・・・制御が利かない

どんなことをしても、とことんお金をつぎ込みます。

[aside type=”warning”]始めは「お金を得る」段階で得ていた興奮が 、もはや『ギャンブルをする行為』自体が快感となり、勝っても負けても興奮するため、とめられないのです。[/aside]

 

まとめ

 

ギャンブルにはまる過程について、ご理解いただけましたか?

ギャンブル依存症は。

勝ったときの快感を『もう一度』と繰り返したい!という欲求からスタートします。

でもこれって。

どんな娯楽でも一緒ですよね????

楽しいから繰り返す、快があるから、求める

それなのに。

依存症が怖いのはなぜか??

それは
一度依存症になると、あなたが死ぬその時まで、自分で自分をコントロールできない。
依存症に陥ると、もう、脳が変化を始めて、もとの『快楽を知らない脳』に戻る事ができないのです。

今、依存症がこわいと思ったそこのあなた。

私は依存症にはならない って思っていませんか??

ヤバイですよ。

どんな人でも 依存症になるきっかけが 潜んでいます。

次の記事いつもデートはパチンコ屋 私が依存症になった3つのきっかけを、早めに読んで、依存症対策、してくださいね!

んじゃ、またね