依存症プロセス

女性の私が借金した理由。心の不健康から地獄へ

ネテモサメテモ

  • 起きたとたん、パチンコの事を考える。
  • ご飯を食べていて、スロットの事を考える。
  • 仕事中、パチ・スロで大当たりした話を友人とする。
  • 仕事が終わって、ごはんも食べずにパチ屋に向かう。
  • 帰宅後、今日の収支を計算して暗くなる OR 明るくなる。

そしてまた、

勝っても負けても、明日、パチ屋に行くことを考える。

そんなあなたは、依存症中期~末期の状態です。

どうも、mihoko です。こんにちは。

自分でも、

「常に、パチ・スロの事を考えているなあ」なんて。

気付く方も、そろそろ、いらっしゃると思います。

依存症の中期は、まだ比較的、普通の日常生活に引き返しやすい段階です。

しかし。

依存症の末期となると話は別。

ここから長い戦いが始まります。

では。

中期と末期の境目とは何か?

それは『お金』に困り始める 

という事

 

早く、早く、気づいて・・・!

もし気づくのが遅い場合は・・・・

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]地獄のハジマリハジマリ(ふふ・・)[/voice]

buchako こわいよお;;

まず。

どのようにお金に困り始めるのか、mihoko の場合をみながら、確認していきましょう。

スポンサーリンク





 

会社辞めました

 

会社を辞める直前、私は仕事がハードすぎて、常に睡眠3時間未満。

体調はもちろん悪く、激やせ。

さらに。

うつ病と診断されていました。

そしてついに、会社を辞める事になりました。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]心も、体も開放された!自由になった!このままゆっくり養生しよう。[/voice]

そう決めてから3日間。

体はすっかり元気になりました。

でも。

心に負ったダメージは半端なく。

  • 人と上手に話せない(母としゃべるのすら緊張する)
  • 買い物に行っても、買う事を忘れて帰宅
  • 仕事を辞めれた解放感と無力感を行ったり来たりする憂鬱な気持ち。
  • もう仕事の心配をしなくて良いはずなのに 悪夢にうなされる毎日。
  • 仕事をしていた頃の重たい気持ちを思い出しては目が覚める。
  • 幻覚を吹っ切るため、海外ドラマのDVDを連続で朝から晩まで何本も何本も見続けては疲れて眠る毎日。

 

ひとしきりやりつくすと、やっぱりパチ・スロに行きたくなったのです。

丸一日パチ屋にいる日々。

1日いるわりには、以前より勝てなくなっていたので、本当はあまりパチ屋に行くことに気がのりませんでした。

でも
[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]
「次に大勝してやめよう」

「せめてこの間の負けを取り戻そう」

「連続して負けているから次は勝つはずだ」[/voice]

根拠のない自信を次々と奮い立たせて、自分は行かなければいけないんだという理由をこじつけました。

そして。

朝イチの台で良い台をひろうぞ!と意気揚々と朝10時、開店時間に店につく。

そして朝から晩まで店にいて、結果大量負けを増産する。

そんな生活をしばらく繰り返しました。

もちろん、長くは続かない。

せっかく体を壊してまで貯めた

貯金もとうとう底をつきました。

 

貯金がなくなりました

 

働かなければならない。

ただ。

いざ働こうとしてもうつ病中の身で、やはり普通に働くには無理がある。(と思っていました)

そこで、日雇いバイトに行ってみました。

[aside type=”normal”] 日雇いバイト

通常のアルバイトの場合、給料は翌月払いが普通です。

日雇いバイトの給料の支払いは即日払いや翌日、翌週払いなどが多く、すぐにお金が必要な時にも助かります。

また、うつ病だった私には 人に気を使うことがあまりなく、1日に数時間だけの人間関係が望ましかったのです。[/aside]

1日働いて、得る報酬は良くて5千円。

これだけあれば1日贅沢できるはずなのに、そのお金を受け取ってそのままパチ屋へ。。。

お金を手にした瞬間は[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]「ああ、こんな一生懸命働いてこの位か!大切に使うぞ」[/voice]

得たお金の喜びをかみしめます。

しかし、帰り道。

パチ屋を見かけると [voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]「これを元手に増やすぞ!」[/voice]

と意識がチェンジして、そのまま店に吸い込まれていく。

働けど、これではきりがありません。

しかたがないから就職しました。

就職したのに借金しました

 

うつ病は。

完全復活とまではいかなかったのですが、失業保険をもらえる3か月後にはきっと飢え死にしています。

一人暮らしの家から近くて、体にも心にも無理ない程度の仕事。

派遣がぴったりでした。

時給は高いけど正社員ほどの拘束もない。

しかし。

この安定感がさらなる悲劇を生むのです。

一時的でも貯金の底をついた一人暮らしの私には、貯金がなければ借金しかない。

どうしたらよいか考えたあげく、カードキャッシングなるものをここで初めて試みてみました。

そこから、私の地獄の日々が始まります。

 

ギャンブル依存症になる精神状態

 

こころの安定を取り戻すため頼ったものは、ギャンブルと借金でした

うつ病が先かギャンブル依存症が先か、と言われると。

私の場合

  1. うつ病が 先
  2. ギャンブル依存症が あと

だと思います。

やはり。

依存症のきっかけとなった、2度目のビギナーズラックを得たあの時。

パチ屋に再度足を踏み入れるきっかけ、となったのは、

『今までに感じた事のない、強いストレスを解消するため』でした。

心が健康な人は、ギャンブル依存症にならない。

ギャンブル依存症かもしれない、と感じている人は、

なぜ自分は依存するほど

『心が不健康なのか?』

まず見つめ直す必要があるのです。

 

心が不健康な状態とは

  1. 環境に適応していない:自分の意思と反して、無理をしてその場にいる状態
  2. 自分らしく生きていない:自信がなく、自分らしい生き方ができていない
  3. 目的なく生きている:成長をやめている。無目的な状態

代表的なものを3つあげました。

自分が『不健康かどうかすら、よくわからない』という人は。

自分が何が欲しくて、本当はどうしたいか?

を問いかけてみてください。

そして、理想と現実は、どれくらい違っているのか? をまず、確認してみましょう。

依存症克服に取り組むのはそれからになります。

まとめ

 

趣味の範囲でギャンブルを楽しめる人もいる。

ギャンブル依存症に、なる人と、ならない人は何が違うのか?

答えは

「悩みの深さ」でした

そして。

悩みを受け止めるためには、心の健康と心の成長が大切、とお伝えしました私が依存症になった3つのきっかけ

つまり、心が健康で悩みを受け止められる人は依存にはならず「趣味」として楽しめるのです。

じゃあ。

悩みをうけとめられず、心も不健康なままのあなたがギャンブル依存症になったら

いくとこまで、いっちゃいますよ

ギャンブル依存症の最大の問題は『借金』です。

生活の基盤が壊れたとき、あなたはどうなると思いますか??

次回は 借金癖(クセ)が治らない3つの理由

で、お会いしましょう。

んじゃ、またね