依存症回復

ギャンブル依存症は治らない!『やめるを習慣化する技術」とは?

ギャンブル依存症は完治するの?

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]答え:完治しない[/voice]

始まっていきなり記事が終わってしまいました。

失礼しました;;

ども、mihoko です。こんにちは。

よく、「依存症は完治しない」と言います。

それはなぜか?

依存症克服に取り組んでいくあなたへ、

まずは大前提をお話しします。

残念ですが

依存症の治療はできない

→完治しない事を覚悟する

という事がまず大事なんです。

それはなぜか?一緒に確認していきましょうね

スポンサーリンク





 

ギャンブルでおこる脳の変化

[aside type=”warning”]依存行為が強化される仕組み

依存行為で快楽を得ると、脳内で快楽ホルモンが多量に放出されます。

そのため、興奮や快楽が脳に記憶され、依存行為を繰り返すといわれます。[/aside]

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]脳・・・?[/voice]

そうよbuchako!

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]「あなたはパチ・スロが好きでやっている」と思っているかもしれないけど、

『その行為をすると、快楽ホルモンが出るよ』と脳が記憶しているから、

行為をしているだけ なのよ。[/voice]

そうですね。
よく考えてみると。

  • 何時間も同じ席に座り
  • 目の前の画面をずっとみる

これって、楽しいですか?

例えば

テレビで考えてみましょう。

番組の内容は時間がたつにつれ、かわっていきます。

2、3時間は飽きずに見れるかもしれません。

でも。

8時間たまにお茶をのむ位で、ずっとテレビを見続けます。

これって、楽しいですか?

途中で寝てしまうか、疲れて、別の事をしたくなると思います。

でも。

私は、パチ・スロをしているとき、8時間ぶっ続けで座り続ける事は日常茶飯事でした。

パチ・スロの演出が好きなわけじゃない

時折得られる「あたり」というご褒美が、快楽ホルモンを分泌させるのです。

その、快楽・興奮が続く限り、依存行為をやめれないのです。

逆にいえば。

一度、快楽・興奮を覚えてしまった脳は、

その快楽が忘れられないため、

依存行為を完全にやめる事ができない

=依存症は完治しない

のです。

 

ギャンブルはやめられないのか?

 

脳が快楽を覚えてしまった後。

依存症が完治しないのであれば、

ギャンブルをやめる事はできないのでしょうか?

 

人間の3大欲求

 

ギャンブルで勝っている時の興奮状態は脳が二度と忘れません。

脳が記憶してしまうからです。

その快楽の質は人間の生理的3大欲求、

「食欲、性欲、睡眠欲」と同レベルだと言われます。

じゃあ。

『快楽』って人間の生命活動に絶対必要?

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]できればあってほしい・・・(泣)[/voice]

ですよね~buchako

まあ。その気持ちはいったん抑えて。

生命活動以外におこる、他の欲求や快楽って

代替えがきくって知っていますか?

そうなんです。

代替えがきく快楽は別の快楽に置き換えたり

意思と習慣で快楽を遠ざけることができます

したがって。

依存症という病気は完治しなくても、

やめ続ける事はできるのです!

 

ギャンブル依存症は病気

 

依存症は風邪や生活習慣病に似ています。

体を作るため免疫を鍛えればある程度防ぐ事ができます。

たとえ病気になってしまったとしても悪化させずに済みます。

一度なってしまった依存症との付き合い方は、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]もう二度としない![/voice]

と気を付ける事で予防し、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]この辛さをもう二度と味わいたくない[/voice]

という辛さの自覚を経て、

「ヤメル」という決意からスタートする事が大切です。

そうすると。

はじめは強力な意思が必要だった事も、いずれ少しの意思でやめられるようになり、

やめている事が習慣になるところまでくると、

「ギャンブルをしていないと気持ちいい」という状態を継続する事ができます。

 

ギャンブル依存症を克服する

 

 

依存症は完治しない

 

これは禁7年たつ自分自身が、身を持って実感していることです。

ふとよぎるギャンブルへの誘惑・・・。

これから先、何年禁をしていようがこの快楽は忘れられないと思います。

だからこそ。

『自分自身を制御して踏みとどまる手段』を身に着ける必要があるのです。

 

二次災害

 

よく間違ってしまうのは

依存症にともなう2次災害(借金、社会的信用の失墜、人間関係の崩壊など)の

トラブルを解消する事で依存症が治ったと勘違いするパターンです。

これらを克服した為、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]もう自分は完治したんだ![/voice]

と勘違いして、軽々と同じ過ちを繰り返すんです。

もう一度いいますね。

 

依存症は完治しない。

でも、

依存症は克服することができる

 

依存症を克服するとは

依存症になった根本的な問題を自覚し、その問題を解消する事で、ギャンブルをやめつづけている状態を習慣化する事。

なのです。

それでは。

依存症を克服する、大切な2つの方法を

いきなりご紹介しちゃいますね!

スポンサーリンク





 

認知行動療法

 

[aside type=”normal”] 認知行動療法とは

認知というのは、ものの受け取り方や考え方という意味。

認知療法:人間の「認知」について、問題を解決していく療法。苦痛を感じていると思考がゆがみやすいため、思考を正す

行動療法:人間の「行動」について、問題を解決していく療法。活動記録を作成し、行動の課題をはっきり認識して正す

認知療法と行動療法を組み合わせたものが、認知行動療法といいます。[/aside]

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]む、難しい・・・[/voice]

ごめん buchako 失礼しました

わかりやすくいうと

  1. 出来事→状況を確認
  2. 歪んだ考え方を正す→意識を確認
  3. 行動する→結果を確認

 

どんな出来事があって、どんな考え方をしたか。結果、どんな行動をしたか

これらを洗い出し、正しい考え方と行動に訂正して行くのです

例えば

①どんな状態だと自分はギャンブルしてしまうのか:ストレスがたまった時

②その時どう思ったのか:リフレッシュしたかった

③どうすればよかったのか:ギャンブル以外にもスッキリする方法はある(寝る、風呂に入る)

④結果どうなったか:ギャンブルに行かない(体を休めるために、眠りたい)

このようなワークを繰り返して、認知の歪みを正します

やめる行動の習慣化

認知の歪みを正すことで

ギャンブルをやめ続けることを習慣にすることができます。

人の生活は40%以上が習慣により行動しています。

寝る前に歯を磨く事と同じように

ギャンブルにいかない事を習慣にしよう

という事が目標です。

大事な点は3つ

  1. 本当にギャンブルをやめたいかはっきりさせる
  2. 何のためにやめたいかをはっきりさせる
  3. プロセスをふんで習慣にしていく

習慣とは。

ギャンブルをやらない、という、結果で終わるのではなく、

『ギャンブルをやっていない』というプロセスに注目して、

ずっと継続して取り組んでいく事なのです

まとめ

いかがでしたか?

依存症を克服するための大切な考え方、お分かりいただけましたでしょうか。

はじめに 依存症克服に向けて3つの大切な事 でお話しした

  • 余分なお金を持たない
  • ヒマな時間をつくらない
  • 誘惑に負けない

依存症を克服するために守ってほしい3つのお約束も、

今一度思い出して下さいね。

それでは。

いよいよ、依存症克服にむけて、行動を開始します!

おっと、

ちょっと待ってください。

回復のプロセスを理解していないと、自分が今何をやっているか、迷子になってしまいますよ

依存症が回復していくプロセス1、自分が依存症だと自覚する。

まずは、パチスロやめたいのにやめられない。すぐ試したい診断テスト でチェックをして、あなたは依存症か確認してみてくださいね。

んじゃまたね