リカバリー施設

ギャンブル依存症を治療するための医者・病院

ギャンブル依存症を治療するには何科を選べばいいの?

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]そもそもギャンブル依存症って病気として扱われてるの?[/voice]

最初の疑問でした。

私は自分自身でギャンブル依存症は病気!!

って自覚したけど。

 

世の中では病気として扱われているのか?

周りでこんな言葉、聞いたことないし・・・

どもこんにちは。mihokoです。

 

 

前回、ギャンブル依存症を克服するための自助施設

冒頭でもお話したとおり、

病院を検索しても、

なかなかギャンブル依存症を専門扱う病院が見当たらない・・・!!

という事態にぶつかります。

 

また。

あったとしても、

精神科や心療内科が一部診療科目として取り扱うくらいでした。

候補として挙げられるのは

 

  • 精神科
  • 心療内科

これくらいです。

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]なんだか本格的に病気・・・って感じ(涙)[/voice]

そうなのよね、buchako 。

 

いっくら

ギャンブル依存症

って言っても。

ギャンブルしなければ、普段はふつ~の人。

 

なのに、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]病気!病院!精神おかしい!![/voice]

 

みたいに扱われるのはちょっとやっぱり

なんだか悲しい・・・・

 

でも。

そうも言ってられませんよね。

では。

ギャンブル依存症治療する病院・医者って

何がよくて、何が悪いか

確認してみましょう。

 

スポンサーリンク





精神科・心療内科(ただしギャンブル依存症取り扱いありに限る)

概要

外来通院の精神科・心療内科

入院のできる専門病院との連携あり

依存症を本格的に治療できる専門施設あり(一般外来、デイケア、家族相談、就労支援、公的機関連携)

医者が常駐

通院には予約が必要

週1・2回の通院が目安

初診60分、再診90分程度の面談(待ち時間いれると3時間くらい)

 

 

治療内容

①依存先を別のものに変更する

ギャンブル依存症は治らない!やめるを習慣化する技術とは?

で、お話していますが。

 

ギャンブルで勝っている時の興奮状態を『快楽』といいます。

脳は快楽を記憶すると、絶対忘れません。

 

その快楽の質は人間の生理的3大欲求、

「食欲、性欲、睡眠欲」と同レベルだと言われます。

 

この。

『快楽』は『別の快楽』に代替えがききます。

たとえば。

禁煙するとき

  • 禁煙パイポ
  • 禁煙パッチ
  • アイコス?

とかに、タバコ(快楽)から代替えして、

徐々にタバコを減らしていきますよね?

 

あれと同じで

数を減らして、無害な依存先に変更してしまうのです

 

②医師と対話して内観する

病院にきているだけでも、自分を内省できていてすごいと思うのですが。

自分がなんで依存症になったのか、驚くほど自分でもよくわからないのです。

 

それを専門知識のある先生にお話しすることで、自分を客観視することで

問題を洗い出していきます。

 

③同じ病気の仲間とミーティング(わかちあい)を行う

同じ体験を共有することで、自分だけではないという安心感がうまれます。

また、他人の話を聞くことで、自分を振り返ることができ

より、客観視する事に役立ちます。

 

費用

  • 初診2500円~
  • 再診1500円~
  • 検査料5000円~
  • 健康保険適用あり
  • 服薬代(薬により不明)

 

 

メリット

  • 専門家に相談できる
  • 健康保険適用がある
  • 公的機関と連携がある
  • 投薬がうけられる

 

 

デメリット

  • 予約がとりづらい
  • 社会人だと通院しづらい
  • 信頼できる先生に出会えるか不明
  • 一方向の『指導』になりがち
  • 相談できる時間が短い
  • お金がかかる
  • 全国にない

 

 

入院できる精神科病院

治療内容

精神療法(認知行動療法+内観法を組み合わせ)
薬物療法
作業療法
また、精神面だけでなく、肉体のケアや検査
金銭管理 までトータルでサポートするのが入院施設

費用

 

入院費用(・・・期間により不明)

 

[aside type=”normal”]

参考費用がなかなか調べられなかったので、通常の病気で入院したと考えてみました。

 

治療費・ベット代・食費・他費用が必要だとすると

1日最低でも1~1.5万くらいはかかりますよね。

 

ギャンブル依存症だと行動を変える必要があるため

3か月は行動修正に必要と言われています。

1.5万×90日=135万 

 

※通常の入院費用でこれ位なので、おそらくもっとかかると思われます。

あくまで推測ですので、あしからず・・・

[/aside]

 

 

メリット

  • とにかく治療に集中できる!
  • 専門の医者・設備あり
  • ギャンブルと隔離できるので効果が期待できる

 

 

デメリット

  • 全国にない
  • 高額
  • 入院期間が長い(1か月~3か月)
  • 退院後もGAに参加したり、外来通院が必要

 

 

 

医者・病院まとめ

 

驚きました。

内容は意外と、自助グループに近いものがありましたが

どの施設も、高い(泣)

 

何度も言いますけど。

ギャンブル依存症者が一番困るのが

お金がない

という事。

 

だから、病院や入院施設を選択できる人というのは

 

  • 病院・入院できるだけのお金を持っている
  • すでに自助施設で失敗
  • 家族が大変困っている

 

という事が考えられます。

 

 

そうすると。

借金300万ありで貯金なし。

社会生活はなんとか送れているけど、働き続けないと人生終わる

今、やっとギャンブル依存症という病気に初めて向き合う

という人には

ちょっと、病院・入院というのは

ハードルが高い気がします。

 

 

そう。

そこで登場してくるのが

複数乱立する

『カウンセリングルーム』

ってヤツ。

 

これは本当に、身近にたくさんあって

逆に選択に困る!

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]

え~~、

今まで選択しかなかったのに、選べるの?? うれしい♪

[/voice]

 

そうなんですよね、mihokoさん。

逆に、そこが問題。

 

選び先を間違えると

時間とお金を浪費するどころか

病状が悪化してしまうかもしれませんよ・・・・

 

では次。

近くにない病院ではなく

町にあふれる、

カウンセリングルームについてまとめてみます。

 

比較してみてくださいね。

んじゃ、またね!