依存症プロセス

私は「ギャンブル依存症」家族への告白と依存症者への正しい対応

カードは友達

ギャンブル依存症のみなさーん

借金で自転車操業してますかー?

こりゃ、たびたび失礼な質問して、申し訳ありません。

どうも。mihoko です。こんにちは。

借金を始めてから。

あっというまに3枚のカード限度額は底をつき。

ついにおまとめローンで、借金をまとめました。

しかし

  • 借金は借金をよぶ
  • 借金はクセになる
 

前回 借金がこわくない私は異常。借金がクセになる3つの理由 の中でお話しをしましたね。

と、いうことは。

そう。

私はおまとめしたにもかかわらず、

さらに『借金』したのです。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]なっ、なんで、そんなことに!?[/voice]

ほんとうにそうですね。。。

どうすれば、こんなアホーが借金をやめられるのか?

お話ししていきますね。

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">



 

破たん2回目

 

楽をするため、お金を借りました。

借り換えしたため、苦労をして稼いだお金での返済ではありません。

自分では

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]『もうやめよう』[/voice]

と頭では思っても、カードの限度額が自分の貯金のような錯覚に陥り、

新たに増えたカードの限度額分も、

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]平気、まだ平気![/voice]

と、どんどん使っていました。

結果。

2度目の破たんがたった1年でやってきました。

前回は1年で100万円。

今度は1年で約120万。。。

ダメもとでおまとめしてくれた銀行に、さらにおまとめできないか

かけあってみましたが

「返済を目的に1本化しているのに、さらに増えた借金をまとめるわけには行きません」

と当然のお断り。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]そりゃそうだ。。。[/voice]

当たり前の返答がかえってきました。。

しかし。ここで重ねた借金は120万近く。

前回以上の重さです。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]もう。さすがにやばい・・・・。[/voice]

ここでついに家族に打ち明けました。

 

家族への告白と依存症者への正しい対応

 

 告白の受け止め方

 

家族の方はかなりショックを受けることでしょう。

でも、カミングアウトしてきた時点で、依存症者は、もう限界を感じています。

まずは受け止めてあげてください。

叱らず、『どうして、そうなったのか?』

話をきいてください。

ただし、返済だけは、絶対手伝わないでください

 

家族の正しい対応

  1. 困ったらまず専門機関に相談
家族が依存症。

当事者本人だけでなく、ご家族もかなりショックをうけることでしょう。

場合によってはご自分を責めるかもしれません。

誰にも相談できず苦しむ。

そしてご家族まで壊れていく。

そうならないために。

まずは専門機関で相談をして、心の余裕を持ちましょう。

 
  1. 責めるて怒るのではなく、ただ事実を受け止める
ギャンブルでお金を使いすぎて、生活費すら困る生活。

もちろん怒りたくなる気持ちも、責めたくなる気持ちも十分わかります。

ほんと、サイテーですよね!!

でも。

ここで怒ったり責める事で、逆ギレして、相手もひっこみがつかなくなります。

そこで、

『受け止める』気持ちを見せる事で、『あれ?怒られない。どうしたんだ?』と、後ろめたい気持ちにさせるのです。

 
  1. 尻ぬぐいは絶対しないこと
家族の一大事に、つい、借金の肩代わりや周囲の謝罪を引き受けたりする。

家族ってそういうものですよね。

でも、

尻ぬぐいをしてしまうと、自分がどれだけ家族を困らせているか、

反省せずに、また借金を繰り返してしまいます。

さらに、本人自身、依存症を加速させる原因になってしまいます。

本人の責任は誰も変わることができないと覚えておきましょう。

 
  1. 依存症に一緒にたちむかう
何度も言いますが、

借金の肩代わりや尻ぬぐいをすることが、ご家族ができる事ではありません。

依存症者が依存に気付き、反省し、立ち直りたいという気持ちをみせたら、

依存症克服について、一緒に協力をするのです。

1日ギャンブルをがまんできたら、一緒に喜ぶ。

そんなささいな事で良いのです。

依存症者にとって、孤独が一番いけません。

 

家族が借金を肩代わりした場合

 

本当は220万ある借金を私は家族に、

「100万円ある」と打ち明けました。

まだその他に、

120万も借金があるとは言い出せず、

「体を壊したあと生活費に使った」という、あたらずしも遠からずな理由で

兄に相談して貸してもらいました。

ウソつきました

依存症はみえっぱりでウソつきです

この後におよんで、自分を取り繕おうとします。

おまとめローンで100万

120万のうち、兄から100万をかりる。
さて。

残るは20万・・・

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]20万くらいなら・・・・!そうか!あれだ![/voice]

とうとう。

消費者金融からお金をかりました。

当時。

かわいい目をうるうるさせた、あのチワワさんのCMしていた、例の金融屋さんです。

わたしは

家族に借金をしたにもかかわらず、消費者金融からも借金をしたのです。

 

消費者金融(サラ金)からの借金

 

消費者金融とは

 

銀行などの融資に比べ、借入の手続が簡単なことが特徴です。

他の金融機関に借入がなく安定した収入がある場合、

年収の1割または50万円以内であれば、無担保・無保証で現金を借りられることが多いです。

ただし、無担保・無保証でにできる裏には、高い金利と支払いが滞った場合の取立てがあるという事を忘れてはいけません。

 

街金(まちきん)サラ金とは

 

一時期、この高い金利と過度な取り立てが社会問題になった時期に呼ばれていた消費者金融の呼び方です。

ヤミ金というのは、さらに違法な営業をしている消費者金融の事で、

この業者にお金を借りたら最後、、、というイメージがありました。

[aside type=”normal”] 最近では

消費者金融による悪質な取り立ては貸金業法により禁止されており、悪質な取り立てをした消費者金融は処分されるようになったため、消費者金融はだいぶ敷居が低くなりました。[/aside]

 

チワワさんのカードは驚くほど簡単に作れました。

限度額30万円です。

しかも、無人契約機で、対面での接客ではありません。

電話BOX位のスペースに入って、画面の指示と、

時折聞こえるアナウンスに従って、質問に答えていくだけ。

『カード申請の理由は?』

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]「生活費!」[/voice]

さすがに。。。

この理由でお金を貸す金融屋は本当に商売といえど、悪魔だと思いました。

だって、よく考えて下さい。

生活費のない人間に30万の無担保の借金をしても良いと審査を通すのだから。

返せるわけがない。

長い期間を経て返すとしても、なけなしのお金をしぼりとるわけだから。

お金は貧乏人から搾り取れという姿勢は本当に容赦ない。

でも。

こんなくだらない理由

(ギャンブルで作った借金で生活に困る)

で、頼らなくてはいけない自分はもっとクズだ。

しかしこの時はこの20万が借りられて本当に助かりました。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]その節は本当にありがとうございました。[/voice]

そして。

この消費者金融にはのちのちまた助けられる事になります・・・。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

家族の方の対応について大切なことをお話ししていきました。

自分が依存症なのでよくわかります。

本人が十分苦しい。

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]なんでこんなくだらない事で借金したり、生活ぶちこわれてるんだ![/voice]

いつも、自分を責めて、責め続けています。

そこで安易に助けると。

相手は病気。

助けたところで、根本的な解決(ギャンブル依存症を克服する)には至りません。

さらに、依存を加速させるだけなのです。

じゃあ、どうすればよいの??

ま、お待ちください。
遅かれ早かれ、破滅の日は必ずやってきます。
本人が依存症から目を覚ます、

あの底つき現象が。

次回、どん底は依存症克服のハジマリ。終わりが始まりになる日

ぜひぜひ、ご参考にしてくださいね。

んじゃ、またね