NEWS

『ホンマでっか!?TV』で親子3代ギャンブル依存症・田中紀子(たなかのりこ)さんが出演したよ

ギャンブル依存症に関わるニュース

ついに地上波・ゴールデンタイムに取り上げられた!ギャンブル依存症

 

田中 紀子(たなか のりこ)氏

といえば、ギャンブル依存症の方は少なからず知っている方だと思います。

 

ざっくりいうと

親子3代、ギャンブル依存症でどん底を味わった人

現在はギャンブル依存症問題について啓蒙(けいもう)活動を行う団体のリーダー

です。

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]え??そんな人がなんで「ホンマでっかTV」に出演したの??[/voice]

 

ですよね~~

私も、ギャンブル依存症仲間として、

どのような内容を披露するのか気になったので

ホンマでっかTVをみてみました。

 

果たして、世間に

ギャンブル依存症 という病気

を訴えることはできたのか?

 

以下、

出演内容を視聴した感想(ネタバレあり)をご案内します。

 

 

スポンサーリンク





親子3代ギャンブル依存症 田中紀子(たなか のりこ)さんって何者?

 

名前:田中 紀子(たなか のりこ)

競艇・カジノにはまったギャンブル依存症当事者であり、祖父、父、夫がギャンブル依存症という三代続く、

ギャンブル依存症一家。

現在はギャンブル依存症について啓蒙・介入活動を行う。

肩書き:一般社団法人ギャンブル依存症問題を考える会 ・代表理事(設 立 日  平成26年2月6日 )

Twitterより抜粋

 

私は、パチ・スロのみでギャンブル依存症になりましたが

田中紀子さんの場合は

  • 祖父・父(会社のお金を横領してクビ。亡くなる間際に再会)・夫がギャンブル依存症
  • 自分は1日100万円をかけた競艇三昧
  • 借金総額返済したのは1500万円位
  • 夫と共にカジノでギャンブル

 

ほんと。

どん底・・・額も規模も違いすぎます(汗)

 

ギャンブル依存症から抜け出すきっかけ、

今回のテーマのどん底にたどり着いたのは

田中さんの場合も

「借金でどうにもできなくなった」時だったと言います。

(私はこのブログの中で『底つき現象』といっています どん底は依存症克服の始まり。終わりが始まりになる日

 

 

2017年11月15日放送分 ホンマでっかTV!?より田中紀子さんの発言を抜粋

 

ギャンブル依存症になって、どん底からわかったこと

依存症から抜け出すには資金源を断つしかない

 

補足知識

  • 自分はギャンブルを楽しめると思っていた
  • ギャンブルをする1部の人だけが依存症を発症している
  • ギャンブル依存症者は家庭内オレオレ詐欺(財布を落としたなどウソをついて家族からお金を得る)をする
  • ギャンブル依存症の家族は入浴の時も通帳・お財布を持ってジップロックにいれてお風呂に入る
  • ギャンブル依存症の家族は寝るときもウエストポーチに預金などいれてガムテープで閉じて盗られないようにする

 

ギャンブル依存症を克服しようとしている私たちにとっては

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/702452/T6QcSitLUTE6fyNHc09ZipGUfiZERDnK.png” name=”buchako” type=”l”]あるある~~[/voice]

というくらい、メジャーな知識ばかり。

 

そこで一言

マツコさん:ギャンブル依存症は病気・・なんだ~

と、さらっとおっしゃいました。

 

私は

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]え!!!!!病気だって事、知らないの!!!!!![/voice]

と思わずテレビにむかって叫んでしまった次第です・・・ハイ(泣)

 

 

まだまだ世間に認知されていない、ギャンブル依存症という病気

 

 

ギャンブル依存症は病気

こんな大前提も

ギャンブルをやらない、もしくはやっても娯楽で収まっている人達にとっては

知らない知識

なんだと、改めて思い知りました。

 

そんな中

ホンマでっかTVという、とっても人気のある番組で

ほんの数分ではありましたが

ギャンブル依存症を取り上げて貰えたという事が

とてもすごい事

だと思います。

 

ただ。

世間の反応のうすさ

に、ガッカリ・・・(泣)

 

以前、田中紀子氏は

2016年12/22(木)フジテレビ系朝の情報番組

ノンストップ

にも出演した事があり、

ギャンブル依存症の事を設楽さん、大久保さん、千原兄、に教えるのですが

みなさん

「ふ~~~ん」

という反応でした・・・・。

 

あれから1年。

カジノ法案、ギャンブル依存症対策はどうなるのか?という、

大きな話題になった問題ですら

『当事者』でなければ、耳に入ってこないものなんですね。

 

今回、ホンマでっかTVの内容は

いつもの権威ある先生方のホンマでっか知識の披露形式、

ではなく、、

『人生の地獄をみたそれぞれの評論家』

と題して呼ばれた5名それぞれのどん底について話を聞く形式でした。

 

ギャンブル依存症の他は

  • 全財産50円からはいあがったホームレス評論家
  • 親の負債40億円評論家
  • 最高で52発殴られたDV夫評論家
  • 夫蒸発評論家

この中で私が

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]へ~~[/voice]

と気になったのは、DV夫評論家の方のみ

(友人が彼氏のDVに悩んだ時期があったので、お話に共感できました)

 

そうなんです。

当事者意識がない限り、

ギャンブル依存症という病気は、

一般の方にとっては何の必要も、関係もない、たいした事のない知識なんです

 

[voice icon=”https://chanrio.com/image/chanrio/700118/jNSfzRyub5hyUMhcDG8PFxBnjyfS74xG.png” name=”mihoko” type=”l”]そりゃ、カジノ法案とか通っちゃうよね~~[/voice]

なんと!カジノ法案が衆議院スピード可決。いよいよ本会議で成立のゆくえは??

トホホ(泣)

 

ギャンブル依存症は身近にある病気

 

田中紀子氏の場合

規模や額がケタ違い!なので、あまりピンとこないかもしれませんが、

さんまさんが

「俺競馬やるけど、ネット投票はあかんな!あれ現金の感覚なく、

どんどん投票してしまう」

2017年11月15日放送分 ホンマでっかTV!?より抜粋

とおっしゃっていた事の方が私は気になりました。

 

そうなんです。

いずれの依存症も

  • 手軽
  • 身近
  • 少額からスタート

という入り口が待っています。

パチンコで人生が崩壊 10年が台無しになった私の話

 

そして

ご本人は無自覚

 

さんまさんほどのビックスターでお金の稼ぎもあれば

現状は問題ないでしょう。

 

ただ、

ギャンブルに使う金額が高額になってきたり、

頻度がさらに増してしまったとき、

危険になります。

 

さらに

心のさみしい時は要注意です。

 

 

それでもギャンブル依存症と向き合っていく

 

 

テレビで取り上げられなくても

周りに理解を得られなくても

ギャンブル依存症者は

ギャンブル依存と向き合い、克服していく必要があります。

そして

そのご家族も同様です。

 

  • 理解されない
  • 認知少ない

 

そんな現状だったとしても、

実際にギャンブル依存症として苦しんでいる限り、

戦うしかありません。

 

田中紀子氏のような方には

これ以上、

ギャンブル依存症者を増やさないような啓蒙活動をぜひ続けていただきたいと思います。

 

と、同時に私のようなギャンブル依存症経験者は

どうやって克服していけばよいのか?

世間にあまり情報のない知識・経験をお伝えしていく事が必要だな、

と、本日の放送をみて、改めて思いました。

 

そして。

もし、今、まだギャンブルをやったことがない人は

今後も、娯楽としてギャンブルを

はじめからやらない

という事が一番のギャンブル依存症対策です。

 

でも

ついうっかりギャンブルをしてしまったら。
抜け出すには死ぬほど辛い未来(どん底)がまっているかもしれませんよ・・

 

あまりピンとこない方へ。

よろしければ、

ギャンブル依存症の怖さを疑似体験してみてくださいね。

 

mihokoのギャンブル依存症プロセス

 

①ビギナーズラックはなぜやばい?

②いつもデートはパチンコ屋

③スロットやめられない人へ

④女性の私が借金した理由

⑤借金なんてこわくない

⑥私はギャンブル依存症

⑦どん底は依存症克服の始まり

 

んじゃまたね^^